ホーム>vernolog

最新状況(2020.2月) 会誌13号・14号のご案内

2020年2月23日 14:37

久々の投稿です。最新情報はツイッターを見ていただきたく。当HPの更新できていない部分の補足ですが、会誌最新の14号は『二十世紀のパリ』を特集しております。頒布価格1000円。当会へのお申込は送料別途100円かかります。詳細は当HPの「会誌」サイトご確認ください。会誌情報がアップデートできておりませんので補足しますと、6号は在庫切れとなっております。5号、7号〜13号のバックナンバーはあります。アップデートできていない、会誌の内容を記載しておきます。昨年発行13号の内容は下記の..

お詫び(会誌の在庫切れにつきまして)

2019年4月14日 11:01

平素は日本ジュール・ヴェルヌ研究会の活動にご理解とご協力をいただき、ありがとうございます。サイトの更新をしばらくしておりませんでしたが、そのためか、会誌6号の在庫切れ・販売終了がきちんと伝わっていなかったようです。ツイッターでは流しておりましたが、情報提供が不足しておりました。大変申し訳ありませんでした。5号は在庫がまだありますが、1〜4号、6号は在庫切れで販売を終了しております。現在販売しておりますのは、5号、7号〜13号です。在庫切れ、販売終了につきましては、今後ともサイ..

大矢訳『名を捨てた家族』

2018年7月17日 00:26

2016年に出た大矢タカヤス氏の『名を捨てた家族』を改めて精読しました。読みやすく、正確な、そして誠実な訳文で、訳注も行き届いており、大変勉強になりましたが、直訳も厭わない誠実さゆえに、ごまかしがなく、違和感があるところは誤訳であるとすぐわかります。そうした箇所はごくわずかであり、重要度も低いのですが、ただ一箇所、「こちらの岸から反対側へと向きを変える度に一斉射撃を受ける危険があった」(邦訳103ページ)ここは訂正しておくべきでしょう。原文は il [Pierre Harc..

ツイッター始めてます・文学フリマ・日仏翻訳文学賞授賞式

2018年6月13日 12:03

いろいろありまして、ホームページの更新が2カ月もできませんでした。この間、会の活動はちゃんとやっております。・まず、5月1日からツイッターを開始しました。https://twitter.com/sjev_tw一番の目的は、文学フリマなど会誌に関する情報の発信ですが、会の活動など最新情報は今後ツイッターから発信していきます。毎日ツイート、というわけにはいかないのですが、適宜発信して行きますので、フォローお願いいたします。・そして、ツイッター開始後1週間、5月6日に文学フリマ東京..

石橋正孝さん『ガンクラブ三部作』が「第23回日仏翻訳文学賞」受賞!

2018年4月15日 16:33

新着情報欄にも掲載いたしましたが、インスクリプト「ジュール・ヴェルヌ〈驚異の旅〉コレクション」第一回配本、『地球から月へ 月を回って 上も下もなく(完訳ガンクラブ三部作)』の翻訳により、石橋正孝さんが小西国際交流財団主催「第23回日仏翻訳文学賞」を受賞されました。http://konishi-zaidan.org/2018/04/13/23nf/第1回が阿部良雄『ボードレール全集』、その後も名だたる仏文学者やレーモン・クノー、ジョルジュ・ペレック、ガストン・ルルーといった多彩..

第V巻(第3回配本)カルパチアの城 ヴィルヘルム・シュトーリッツの秘密

2018年4月2日 16:42

第V巻(第3回配本)カルパチアの城 ヴィルヘルム・シュトーリッツの秘密 「カルパチアの城…」の刊行がずいぶんと長引いているので、先ほど、インスクリプトのホームページを見てましたら5月刊行になっていました。そうあってほしい、と願っています。ヴェルヌの透明人間ものも何時頃出るのかとヤキモキしています。ヴェルヌネタの話題も滞っていますので、気にかかっています。ヴェルヌ談から脱線しますけど、最近、リノ・ヴァンチュラ出演のDVD「レ・ミゼラブル」をAMAZONで買いました。ミュージカル..